善玉菌の種類は2種類!乳酸菌とビフィズス菌それぞれの働きは?

腸内フローラを改善するには、
善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることが大事なんですが、

一言で「善玉菌」って言っても、
色んな種類があるのを知っていますか?

ここでは、善玉菌について詳しく説明してきたいと思います。

善玉菌には乳酸菌とビフィズス菌と2種類ある

主な善玉菌には、

  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌

 

の2種類があるんです!

乳酸菌とビフィズス菌は同じような物だと思っていましたが、
この二つ、ちょっと違う働きがあるんです☆

乳酸菌の腸内での働き

乳酸菌は、ヨーグルト、チーズ、キムチ、納豆、味噌などの食品にも含まれていますが、
乳酸菌は腸内で悪玉菌が繁殖するのを抑えてくれ、
善玉菌と悪玉菌のバランスを保ってくれる働きをしてくれます。

なので、腸内フローラを改善するのにとっても重要!
便秘を改善したい人は積極的に乳酸菌が含まれた食品を摂るのがいいのは、
乳酸菌が腸内の菌のバランスを保ってくれるからなんです(*^-^*)

ビフィズス菌の腸内での働き

では、ビフィズス菌はどんな働きをするの?というところを見ていきましょう。

ビフィズス菌も実は乳酸菌の一種なんですが、
ビフィズス菌は、酸素に弱く、
大腸でしか存在できない菌なんです。

このビフィズス菌が、大腸内で、乳酸酢酸を生成するんです!

このうち、酢酸には強い殺菌力があるので、
憎き悪玉菌の増殖を抑えて、大腸の腸内フローラを整えてくれる働きをしてくれるんです。

それに、大腸内を酸性に傾けてくれるので、
腸のぜんどう運動が起こりやすく、便秘解消にとっても役立ってくれるんです。

善玉菌の99%はビフィズス菌!

そんな善玉菌たちですが、
大事なのは乳酸菌を増やすことではなく、
ビフィズス菌を増やすこと!!

なんですよ~^^

善玉菌の99%はビフィズス菌で、
乳酸菌はあくまでも善玉菌をサポートしてくれるだけ。

もちろん、どちらも欠かせないのは確かです。

なので、乳酸菌サプリを選ぶ時は、
乳酸菌とビフィズス菌両方が入ったサプリ」を選ぶと、
便秘解消にはより効果的ってことです(*’▽’)

「乳酸菌サプリ」っていうより、「ビフィズス菌サプリ」って呼んだ方がいいかもしれませんね。

お分かりいただけましたでしょうか?

乳酸菌サプリを選ぶときの参考にしてくださいね♪

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー