腸内フローラを整えるには夜にヨーグルトを食べればいいって本当?

腸内フローラを整えるために、ヨーグルトを食べるなんていうのは皆さん一度は試したことありますよね?

ヨーグルトというと朝食べるイメージですが、実は食べるのが腸内フローラのためには大事なんだとか!?

今回は、ヨーグルトを夜食べると何故いいのか?食べ方や注意点についても詳しくご紹介しているので、最後までお付き合いください(*^^*)

腸のゴールデンタイムにヨーグルトを食べよう!

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷりと含まれています。

善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整える他に、風邪を引きにくくする、便秘改善、肌荒れ改善、花粉症などのアレルギー症状の改善など、様々な身体の不調を改善してくれます。

そんな万能なヨーグルト、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」に摂取することで、より一層効果を発揮してくれるそうなんです。

腸のゴールデンタイムとは、22時~翌2時のことで、よく聞くお肌のゴールデンタイムと同じ時間なんですね。

この時間に合わせて腸を整えるヨーグルトを食べることによって、さらに効果的に乳酸菌が働いてくれるということになります。

老廃物の排泄や有害物質を減らしたりもしてくれ、太りにくい体質作りにも役立つそうです。

夜ヨーグルトの食べ方

 

腸内フローラ 夜 ヨーグルトヨーグルトを食べるベストなタイミングは夕食後です。

なるべく就寝の3時間前には食べ終えたいものですが、最悪21時までには食べ終えていた方が良いですね。

それ以上遅くなると、体重が増加してしまう恐れがあるためおすすめできません。

食べる量ですが、120gが目安です。

種類によりカロリーは変わってきますが、脂肪分の高いリッチヨーグルトや、加糖のものは極力避け、無糖のプレーンタイプのものを選ぶようにしましょう。

無糖のものだとカロリーは約75~80kcal程です。

そうしても無糖は苦手だという人は、はちみつを少量なら加えてOKです!

夕食後に単体でたべるだけでなく、夕食のメニューの中に加えてもバリエーションが増えて良いかもしれませんね。

乳酸菌は熱に弱いので、ヨーグルトドレッシングや、水切りヨーグルトをチーズの代わりに使うのもおすすめです。

ホットヨーグルトでさらに効果的に

内臓というのは冷えてしまうと機能が一気に低下してしまいます。

つまり、冷蔵庫から取り出したばかりの冷えたヨーグルトを食べると、いままで活発に動いていた腸が一気に収まってしまいます。

そのため、体温程度にあたためたヨーグルトを食べることで、さらに効果的に乳酸菌を腸が吸収してくれるのです。

ここで注意してほしいのが、乳酸菌は63度を超えると死滅してしまうので、36~38度までを目安にあたためてみてください。

あたため方は、簡単で電子レンジで、ヨーグルト100gに対して500wで40秒チンするだけ!

これでホットヨーグルトの出来上がりです♪

夜ヨーグルトで気をつけることは?

ダイエット目的でしてしまいがちですが、夕食をヨーグルトに置き換えるなどの行為はやめましょう。

栄養が偏り、かえって健康を損なって腸内環境が乱れる原因にもなります。

乳酸菌にはエサが必要なので、夕食はバランスよく食べることを心掛けてくださいね。

一時的に体重は落ちると思いますが、リバウンドの原因になったり、太りやすい体質になってしまうこともあります。

あとは、ヨーグルトの量を食べ過ぎたり、寝る直前の遅い時間に食べるのはやめましょう。

そして上記でも説明しましたが、太る原因になる加糖のものは避け、低脂肪や無糖のヨーグルトがおすすめです。

今まで朝にヨーグルトを食べていた人は、一度夜ヨーグルトを試してみるのもいいですよ♪

夜専用ヨーグルト↓↓
小岩井 大人のヨーグルト 夜のバニラ味

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー