市販のヨーグルトの乳酸菌の種類と、便秘解消に効果的な食べ方

ヨーグルト乳酸菌種類

腸内環境を改善する乳酸菌がたっぷり含まれた食品と言えば、なんといってもヨーグルトですよね。

スーパーやコンビニなどどこでも買える身近な食べ物であるヨーグルトですが、
菌の数も種類もヨーグルトごとに大きく違います!

今回は、ヨーグルトの菌の種類と作用、食べるタイミングなど、いま一度整理してみたいと思います!

ヨーグルトに含まれる菌の種類と作用

ヨーグルトには、乳酸菌とビフィズス菌などの、健康に有効な生きた微生物、プロバイオティクスが多く含まれています。

では、今主にスーパーなどで販売されているヨーグルトは、どのような乳酸菌が入っていて、どのような効果が期待されるのかまとめてみました。

明治ブルガリアヨーグルト

 

LB81乳酸菌
善玉菌と悪玉菌のバランス(腸内フローラ)を整える

森永 ビヒダスヨーグルト

 

ビフィズス菌BB536

腸内のビフィズス菌を増やす
花粉症の症状を緩和すると言われている

メグミルク ナチュレ恵

 

ガゼリ菌SP株乳酸菌ビフィズス菌SP株

ヒト由来の菌で、小腸、大腸の腸内環境を改善
内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果が期待される

小岩井生乳100%ヨーグルト

 

ビフィズス菌BB12

腸内の善玉菌の増加が期待され、腸内の免疫機能を高める

明治 PA-3ヨーグルト

 

乳酸菌PA-3

プリン体に直接作用する乳酸菌、痛風に効果的

明治 R-1ヨーグルト

 

1073R-1乳酸菌

ナチュラルキラー細胞を活性化
風邪やインフルエンザなどのウイルスを防御する

森永 ラクトフェリンヨーグルト

 

ラクトフェリン

免疫力を高め、病原体を弱める相乗効果
ノロウイルスの感染を防ぐと言われている

ダノンビオ

 

BE80ビフィズス菌

胃酸に強く、生きて腸まで届きやすいビフィズス菌
特殊な製法で作られている

明治プロビオヨーグルト

 

LG21乳酸菌
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌の原因となるピロリ菌の抑制


などですが、ほんとに商品によって様々ですよね!

それぞれ得意分野があるので、気になる症状がある人は自分に合った乳酸菌が入っているヨーグルトを選ぶのがおすすめです。

例えば、痛風で通院してる・・って人は、明治PA-3ヨーグルトがいいですし、
免疫力を高めたい!って人は、ラクトフェリンヨーグルト明治R-1ヨーグルトがおすすめです。

市販されているヨーグルトには、このプロバイオティクスの名前や作用などが載っていることが多いので、自分の目的に合ったヨーグルトを選ぶ目安にしてみてくださいね!

ちなみに、便秘解消におすすめのヨーグルトは以下の記事でまとめています。

便秘解消に一番効果的なヨーグルトは?これがおすすめ!
便秘解消の食品と言えば、やっぱりヨーグルト!乳酸菌が豊富で、腸内フローラを改善するのにも効果的で、赤ちゃんからお年寄りまでどんな人でも食べやすいのも人気の理...

乳酸菌摂取で腸内環境の改善するまでのプロセス

腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが良いと、便秘解消や腸内の免疫力アップにつながることが分かってきていますよね。

口からもヨーグルトやサプリなどで、乳酸菌やビフィズス菌を継続して摂ることで

①腸の乳酸菌が活性化され、乳酸を生産する
②乳酸によって腸内が酸性になリ、乳酸菌が優勢になる
③酸に弱い悪玉菌は減っていく

というプロセスで、腸内フローラのバランスが良くなっていくのです。

ここで重要なのは「乳酸菌を継続して摂る」ということです。

毎日ヨーグルトを食べたり、毎日乳酸菌サプリを摂ったりと、日ごろから乳酸菌食品をしっかり口にすることにより、腸内フローラは改善されやすいんです。

では、乳酸菌フローラ改善に効果的なヨーグルトの食べ方をご紹介したいと思います^^

腸内フローラ改善に効果的なヨーグルトの食べ方

胃酸が薄まっていて乳酸菌が生きて腸まで届きやすい「食後」に食べる

ヨーグルトは食前より食後に食べる方がおすすめです。
食前は胃液により乳酸菌が死滅しやすいので、食後のデザート代わりに食べると効果的です。

善玉菌の栄養になる、オリゴ糖、食物繊維と合わせて摂る

オリゴ糖は消化されず大腸まで届き、ビフィズス菌を増やすエサとなってくれます。
また、食物繊維は悪玉菌によって作られた有害物質を体外に出す特徴があります。

果物とオリゴ糖を一緒に食べると相乗効果で善玉菌も増えやすいのでおすすめです(*^-^*)

同じヨーグルトを1、2週間続けてみる

ヨーグルトを食べたことによる体調の変化を感じるには1、2週間ほどかかります。
なので、自分に合っているかどうかしばらく試してみてください。

それでも便通が良くならなかったり、何の効果も感じないわって人は、違うヨーグルトに変えてみてください。

ヨーグルトを毎日食べる

腸内フローラを安定させるには、快便になってきても毎日摂り続けることが大切です。
色々種類を変えたり、トッピングするものを変えてみたり、飽きずに食べる工夫をしてみてください。

ヨーグルトは毎日100g~200g食べるとより効果的

ヨーグルトを1日に食べる量としては、100g~200g程度がおすすめです。
大容量タイプのヨーグルトだと、2、3日で一箱食べきるイメージですね!

また、少量のカップタイプの物は、一日1個を目安に食べてみてください。

カロリーが気になる人は乳酸菌サプリがおすすめ!

ただ、ヨーグルトも乳製品なので結構カロリーが高いです。

最近では砂糖不使用の物や、脂肪ゼロの物も増えてきたので、低カロリーのヨーグルトも多くなってきましたが、
それでも毎日食べるのはちょっと・・とか、そもそもヨーグルトがあまり好きじゃない人は、
乳酸菌サプリで乳酸菌を毎日摂取するのが手軽でおすすめです

乳酸菌サプリは、ヨーグルトより何百倍もの乳酸菌の種類と数が入っているものがほとんどなので、便秘解消のために腸内フローラ改善を目指すなら必須だと思います。

毎日サプリを飲むだけでOKなのでとっても手軽で続けやすく、私も家族で毎日乳酸菌サプリを摂っていて、悩みだった頑固な便秘が改善されています。
より効果的な乳酸菌の摂り方を知って、腸内フローラのバランスを改善しましょう!

 

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー