善玉菌、悪玉菌のベストなバランスは?

善玉菌 悪玉菌 バランス

最近CMやテレビでもよく耳にする善玉菌や悪玉菌ですが、
果たして自分の腸の中の善玉菌と悪玉菌がどれくらいのバランスで
腸に住み着いていればいいのか、実際分からないですよね?

そこで、善玉菌と悪玉菌のベストなバランスについて調べてみました!

日和見菌の存在をご存知でしたか?

腸の中には100兆個近い菌が生息しているのですが、その中でも大きく分けて
善玉菌悪玉菌と、それに加えてどちらにも属さない日和見菌という菌があるのです。

実は、腸内の環境によって、この日和見菌が善にも悪にもなるいわば中立な関係にあるのですね。

その、日和見菌を悪玉菌ではなく善玉菌に変えられると腸内は善玉菌が有利になり
腸の調子もよくなります。
その日和見菌と善玉菌と悪玉菌のベストな割合が

善玉菌が2割、悪玉菌1割、日和見菌7割

と、ほとんど日和見菌が細菌として腸の中に生息しているのですね。
この一定のバランスが崩れるときというのが、日和見菌が悪玉菌になってしまった場合なのですが、
腸内の悪玉菌が優勢になったときに自然と日和見菌も悪の方向へ進んでしまいます。

だからといって善玉菌ばかりになってしまってもよくないのです

バランスを保つには、悪玉菌も必要?

先ほど、腸内環境をベストに保つ細菌の割合をご紹介しましたが、
てっきり善玉菌を増やせばよいということではないのですね。

人生においても、なにごともバランス・・・と言われているように、
善玉菌ばかりでも腸内環境はよくないのです。

実は、1割の悪玉菌も腸には必要な細菌で、お肉や高たんぱく質を分解してくれます。

そして、分解して体に必要な成分を取り入れてくれる働きをしているので、
ゼロになってしまってはいけないのです。

また、善玉菌が悪玉菌と戦うことによってより一層善玉菌の効果を発揮してくれます。
なので、腸内環境をよくするためにも食生活に気を付けつつ、
悪玉菌を増やさないような生活を心がけましょう。

人気記事

One Response to “善玉菌、悪玉菌のベストなバランスは?”

乳酸菌サプリレビュー