腸内フローラは遺伝で決まる?生まれつき便秘体質は治らないってホント?

腸内フローラ遺伝

腸内環境は、細菌の種類や数など人それぞれ違うのですが、

そんな中、腸内フローラは母親に似るという研究結果があるそうです。

ということは、生まれつき腸内フローラは赤ちゃんに遺伝するということでしょうか?
それとも、生活習慣が親と似ているから、自然と似てくるだけなんでしょうか?

腸内フローラは、親からこどもへ遺伝してしまうのか、気になって調べてみました。

こどもの腸内フローラの形成

そもそも、こどもの腸内フローラってどうやって形成されるのか知っていますか?
実は、胎児の腸内は乳酸菌もビフィズス菌もおらず、ほぼ無菌状態なんだそうです!

胎児の時から羊水を飲んでるし、お腹の中には胎便もあるんだから、腸内細菌も形成されているんじゃないのか?って思っていましたが、それは違ったようです。

赤ちゃんは、母親の産道を通る時に初めて、そこに居るさまざまな細菌を口や鼻を通して受け取ります。
そして、その時母親の持っている腸内細菌が、そのまま赤ちゃんに腸内に定着するそうです!

帝王切開でも、医師や看護師についている微量の細菌や、病院内に居る常在細菌をもらったりして、ゆっくりと腸内に住み着いていきます。

ということで、母親の腸内細菌が移るので、妊娠中のお母さんは乳酸菌サプリ等で、腸内環境をしっかり整えてあげておくべきなんです。

腸内フローラは遺伝する?しない?

結論としては、「腸内フローラは多少遺伝する」ということになるんだと思います。

ただ、遺伝だけですべてが決まるわけではなさそうです!
現に私は、乳酸菌サプリで頑固な便秘が改善されてきていますし、
ヤクルト研究所のこんな研究結果では、

『個々の細菌をあらわす「菌株」が、母親と新生児で高い確率で一致したことが実証された。しかし、腸内フローラの形成には、その後の食生活のほうが大きく影響している』

という報告もあるそうです。

ということは、

腸内細菌は母親から受け取るけど、腸内フローラの形成は遺伝だけではなく、生まれてからの食事や生活習慣も大事

ってことになるんじゃないかなって思っています!

だからやっぱり、口から摂るもので腸内環境を整えていくってことがとても大事なんだな、と改めて思いました!
それに、便秘体質は遺伝だから・・・と諦めるんじゃなくて、
腸内フローラが改善するように努力すればだれでも快便体質になれるってことだと思います。

便秘しやすい家系の改善策はあるの?

母親から受け取った腸内細菌と、その後の生活習慣で、親子で腸内フローラが自然と似てくることが分かりましたが、
そのほかにも、遺伝的に腸の長さは似るため、長めだと便秘になりやすく、
どうしても似たような健康状態になってしまうようです。

こういうのを「家族性」と言うんだそうです。

私の場合母や妹も便秘体質なので、「家族性」の便秘がありそうですが、
食事改善と乳酸菌サプリのおかげで今ではとても快調で毎朝快便体質になりました。

こどもたちも同じく、乳酸菌サプリで便秘が改善されつつあります。

便秘は遺伝だから~と諦めるのではなく、
努力次第で改善していくので諦めずいろいろ対策してみてくださいね!(^^)!

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー