ストレスがまさかの便秘の原因に…精神面が腸に及ぼす影響は?

便秘になりやすい体質の人は案外多いですよね。

病院にいくまで深刻に考えていないにせよ、繰り返し便秘が起きると悪循環で抜け出せなくなることも多いです。

そうならないためにも、自分の便秘の原因をしっかり知っておくというのがとても大切なんです!

便秘の原因は、まず食生活が挙げられます。

次に運動不足、睡眠不足や冷えなども原因のひとつです。

そして意外なことにストレスも便秘を引き起こす原因とされています。

ストレスと便秘、、、つながりのないように思えますが、実は深い関わりがあるのです。

今回はストレスがどう便秘につながるのかについてまとめてみたいと思います(*^^*)

ストレスで便秘が起きる原因

皆さん、緊張したときなどにおなかの調子が悪くなったなんていうことを経験したことはありませんか?

そう、実は胃腸はストレスに大変弱いのです!

便秘 ストレス

というのもストレスがたまると副交感神経が上手く動きません。

すると胃酸が多量に分泌され腸が痙攣状態に陥ります。

それが便秘の原因となるわけです(-_-;)

ストレス性便秘、もしくは痙攣性便秘とも呼びます。

痙攣性便秘の特徴などは?

痙攣性便秘の症状は、まず便秘と下痢を交互に繰り返し下腹部痛が起きます

というのも痙攣性便秘は腸機能が活発になりすぎていることが原因なのです。

便が十分水分を吸収する前に排便にいたるため、便は硬くてコロコロとした特徴があり、残便感もかんじやすいです。

痙攣性便秘の対策法は?

①ストレスを発散しよう

まずはストレスをためないことが大切です!

しかしストレスは無意識にも感じてしまうもの、、、ならば気晴らしになるようなものを考えてみましょう!

例えば最近運動不足だなぁと感じている人は、ウォーキングなど始めてみませんか?

便秘 ストレス ウォーキング

ウォーキングは適度な運動になり、便秘解消にも良いといわれている上に、気分もスッキリします。

ウォーキングを始めたことで、身体が元気になったうえに、心も元気になった!という人も少なくないのです。

他には、普段興味はあるけど始められていないことを、隙間時間に始めてみましょう。

例えば読書が好きな方なら読書、音楽鑑賞や映画鑑賞、アロマなども良いのではないでしょうか。

 

②水溶性食物繊維を積極的に取り入れよう

次に水溶性食物繊維、例えばひじきやノリなどの海藻類、なめこやしいたけなどのようなきのこ類、野菜ではオクラやアボガド、納豆などをとることで、痙攣性便秘は解消されると言われています。

その理由は、食物繊維が便秘に効くことはもちろん、水溶性食物繊維であれば水に溶けるので腸に負担をかけません!

つまり痙攣性の便秘に最適な食べ物なのです。

 

③ひどいときは薬を頼るのも

便秘 ストレス 薬

薬で便秘を治す方法もあります。

便秘薬は癖になりやすかったり、人によっては下痢などを引き起こすのであまりおすすめできないのですが、どうしてもひどいときに限って頼るのも仕方ないでしょう。

市販でもたくさん便秘薬は売られていますが、人ぞれぞれ、原因の違いによって効果的な便秘薬も異なるので、病院で処方してもらうのが一番安心です。

普通の便秘薬は痙攣性には逆効果なので、漢方薬がおすすめです。

しかし漢方はご存知の通り、体質改善のための薬。

便秘を解消するだけでなく、便秘になりやすい身体を改善する役割もあるのです。

特にストレスが原因の便秘は繰り返しやすいもの。

漢方で体質自体を変えてみませんか?

 

④ツボ押しはすぐに出来て安全です

運動などする暇がない、病院にも行く暇がない!というひとにまず試してほしいのがツボ押しです。

ツボは身体の至る所にあり、私たちの体調を整える役割を持っています。

頭痛や肩こりなどのツボは知っていても、便秘のツボというのは知らない人も多いかもしれませんね。

そこで痙攣性便秘にとくに良いとされるツボをお教えします。

ないかん」という名前のツボなのですが、手のひら側にあるツボで、だいたい手首の中央から指3本分上にいったところにあります。

ここをぎゅーっと押してみてください。

場所さえ覚えていれば、トイレのときやちょっとした仕事の合間でも出来ますよね?

すぐに効果はでないかもしれませんが、是非一度試してみてください(*^^)v

痙攣性便秘にヨーグルトは効かない?

痙攣性便秘は、痙攣によって腸が働き過ぎていることで起きるもので、特殊な便秘です。

ですから、腸を活発にし便秘を解消しようとするのは逆効果なのです。

便秘薬が効かないのもそのせいで、同じことがヨーグルトにもいえます。

普段便秘によいとされるヨーグルトも腸を刺激してしまうため、逆に控えなければならないのです。

ヨーグルト以外で言うと、ゴボウ、大豆などもそうです。

痙攣性は普通の便秘と原因も対策法もまったく異なります。

自分がストレスによる便秘なのだとまず気づくことが大切なのです。

便秘対策に色々試しても効果が無い、、という人は一度視点を変え、ストレスを解消するよう心掛けてみてください!

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー