キムチの乳酸菌は強力!キムチ乳酸菌が入ったサプリもあります

キムチ乳酸菌サプリ
乳酸菌と言えば、ヨーグルトをイメージしやすいと思いますが、
納豆・味噌・しょうゆ、漬物、ナチュラルチーズなどにも乳酸菌が含まれています。

その中でも、漬物のキムチに人の腸にとても相性のいい乳酸菌が含まれているそうで、
今回はこのキムチの乳酸菌について調べてみることにしました!

キムチの乳酸菌はものすごく強い!

まず、乳酸菌には、動物性乳酸菌植物性乳酸菌があります。

ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性乳酸菌は胃酸に弱く、ほとんどが生きて腸内まで届きません。
それに対して、納豆・味噌・醤油・漬物などに含まれる植物性乳酸菌は、胃酸に対して抵抗力があり、10%以上腸内まで生きて届くんです。

特植物性乳酸菌の中でも、特にキムチの乳酸菌は、別格に数が多くて強いそうです!

なぜなのかというと、キムチは塩分を控えめで作ることができるからです。

乳酸菌は熱や酸に弱いことは有名ですが、実は塩分にも弱いのです。
キムチは、唐辛子をたくさん入れることで腐敗を防げるので、塩分を控えることができ、多くの乳酸菌を活発に増やすことが可能なんです!

この強いキムチの乳酸菌は、1グラム当たり8億個存在するともいわれています。

腸が長い日本人には、強くて数の多い乳酸菌をそのまま洗わず食べることのできるキムチが、まちがいなく相性がよさそうでよすね!

キムチの乳酸菌が腸内フローラを整える

人の腸内には、1000種類以上、600~1000兆個の細菌が生息しているといわれています。

この細菌がびっしり敷きつまっている状態を「腸内フローラ」と言いますが、
この腸内フローラの善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れてくると、有害物質が増えてしまい、
便秘や下痢をはじめ、さまざまな生活習慣病にも関係するといわれています。

健康維持には、「善玉菌が優勢な腸内フローラ」をキープすることが大切なんですね!

また、個人それぞれで合う乳酸菌も違ってくるともいわれます。
キムチをはじめ、自分の腸と相性のいい食材を見つけて、どんどん試してみましょう!

キムチのデメリット:塩分が気になる

キムチは、人の腸内フローラを活性化させるのにとてもよい乳酸菌が含まれているのはわかりました。

でも、塩分控えめとはいえ、私としては塩辛いのと、あとにおい口臭も気になり、毎日たくさん食べることは正直無理かもしれません。。。
韓国人などはほとんどの人が毎日キムチを食べているのでにおいも気にならないかもしれませんンが、
日本人は毎日食べないので、ニンニク臭が気になりますよね(><)

ということで、キムチで乳酸菌を摂るには、塩分・においなど弱点もあります。

なので、私としては、やっぱり乳酸菌サプリが最強じゃないかな?って思います。
いつでも手軽に摂れるし、飲みやすいので毎日忘れずに続けられる乳酸菌サプリがいいですね。

私も飲んでいた「生命の乳酸菌」というサプリにはキムチ乳酸菌も含まれています。
サプリなら気にならず、強力な乳酸菌を摂取できるので効率が良いと思います(*^-^*)

キムチ乳酸菌サプリ「生命の乳酸菌7選」レビュー記事はこちら>>

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー