便秘はグラノーラだけでは解消できません

便秘 グラノーラ

グラノーラを朝ごはんに食べていて、これで食物繊維はバッチリ!便秘解消だ~!って思っている人はいませんか?

グラノーラと言えば、今色んなメーカーさんから発売されていますよね。
一番有名なのが、カルビーのフルグラじゃないでしょうか?

あれ、とってもおいしいですよね!牛乳をかけて食べるとほんとにお菓子みたいで・・

で、グラノーラってなんとなく食物繊維が多くて、便秘解消によさそうな感じがしませんか?

私も以前毎日グラノーラを食べていたことがありますが、便秘解消はできませんでした・・

では、グラノーラの特徴と、なぜ便秘が治らないのか、お話ししたいと思います。

グラノーラの原材料や栄養成分

一番有名であろう、カルビーのフルーツグラノーラの栄養成分について見ていこうと思います。

カルビーフルグラの原材料

オーツ麦、ライ麦粉、砂糖、乾燥果実(パパイヤ、レーズン、りんご、いちご)、小麦粉、ココナッツ、マルトデキストリン、植物油、米粉、水溶性食物繊維、コーンフラワー、かぼちゃの種、アーモンド、食塩、小麦ふすま、玄米粉、グリセリン、加工デンプン、クエン酸鉄Na、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ナイアシン、パントテン酸Ca、カゼインNa(乳由来)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

オーツ麦を始め、ライ麦粉小麦粉と、それにドライフルーツ砂糖が主な原材料ですね。
あと、ナッツ類も入っています。

それに、ビタミンミネラルが添加され、栄養バランスが良くなっています。

では、次に栄養成分です。

栄養成分(1食50gあたり)

エネルギー 221kcal
タンパク質 3.6g
脂質 7.9g
糖質 31.6
食物繊維 4.5g

やっぱり糖質が多めですね!でも朝食に食べるのならこれくらい合っても良いと思います。

気になるのが食物繊維の量ですが、1食当たり4.5gです。
成人女性の目標量は1日17gとなっています。単純に3で割ると、1食あたり5.6gは摂りたいところです。

ですが、これだけじゃちょっと足りないですね・・

これに牛乳や豆乳をかけて食べたり、サラダをプラスしたりするともう少し増えてきますが、
それでも食物繊維が劇的に多いとは言えないのではないでしょうか?

グラノーラは便秘解消に良いと思い込んでいる!

なんとなく、グラノーラって食物繊維が豊富で、便秘解消に良いって思いこんでいませんか?
でも実は食物繊維の量は他の食べ物と比べてもそこまで多くは無く、これだけで頑固な便秘を解消するっていうのはちょっと難しいです。

実際、私も毎朝毎朝グラノーラを食べて、いろんなメーカーの色んな味の物も試してみたりしましたが、
これだけでは便秘解消は一向にされませんでした。。

グラノーラは確かに忙しい朝でも手軽に栄養摂取でき、ビタミンミネラルのバランスも良く、何よりおいしいのでとても良い食べ物なんですが、
便秘解消の点においてはちょっと物足りなさを感じます。

乳酸菌やオリゴ糖は含まれていないので、腸内フローラ改善は期待できない

それともう一つ、便秘解消するには、ただ食物繊維を摂ればいいってわけではありません。

食物繊維は確かに便のカサを増やしてくれたり、便意をもよおしてくれる効果は期待できますが、
肝心の腸内の善玉菌を増やすためには、乳酸菌とオリゴ糖が必要です。

頑固な便秘体質の人は、腸内フローラを改善し、根本的な原因を取り除いてあげなければ、いつまでたっても便秘体質から卒業できないのです。

なので、グラノーラにはヨーグルトとオリゴ糖シロップをかけて食べるとよいのです!

グラノーラを食べながら便秘解消させたいのであれば、乳酸菌サプリを飲もう!

ただ、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の量は知れてるし、オリゴ糖シロップだけでは便秘解消に必要な量はまかないきれていません。

なので、腸内フローラを改善して根本的に便秘体質を改善したいのであれば、グラノーラを食べながら乳酸菌サプリとオリゴ糖を摂取してください。

そうすると、だんだん腸内環境は良くなっていき、便秘体質から快便体質に変われるようになります。

くれぐれも、グラノーラだけで便秘解消しよう!とは思わないでくださいね(^-^;

↓オールブランについてはこちら

オールブランは便秘解消アイテムだけど食べ過ぎて逆に悪化しました

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー