コーヒーって便秘解消に良いのか悪いのか!?

コーヒー 便秘解消

コーヒー大好きmomoです☆

私はコーヒーが大好きで、妊娠中、授乳中はノンカフェインコーヒーをわざわざ買うほどのコーヒー好き。

今のような暑い季節にはアイスコーヒーやアイスカフェラテを良く飲んでいます♪

そんなコーヒーですが、飲むと腸が刺激されて便秘解消になる!っていう人もいれば、
いやいや、逆に便秘がひどくなるよ~って人もいるようです。

一体どちらが正解なのでしょうか?

コーヒーが便秘解消に効く理由

コーヒーを飲むとなぜ便秘解消する人がいるのか、
その理由は「カフェイン」にあります。

コーヒーには、カフェインが含まれていてその量も紅茶などの他の飲み物と比べてもとても多いです。

そんなカフェインは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させる働きがあるのです。
ですので、人によっては、まるで下剤のように便通がよくなることもあります。

また、コーヒーには「コーヒーオリゴ糖」というオリゴ糖も含まれているので、
それも便通が良くなる理由じゃないかと言われています。

コーヒーが便秘によくないとされる理由

では逆に、コーヒーが便秘の原因となってしまう理由としては、以下のようなことが考えられます。

利尿作用があり水分不足に

コーヒーには利尿作用があります。
大量に飲むとおしっこに行きたくなったりしますよね!

コーヒーの利尿作用によって本来なら便をやわらくするための水分が体から奪われてしまい、
便が固くなってしまうことがあるんです。

また、利尿作用が強いと便をスムーズに排出する為の機能が弱まり、便秘の原因となる事があります。

クロロゲン酸により腸の働きが弱まる

コーヒーには、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」という成分が含まれておりますが、
このクロロゲン酸によって腸の働きが弱まり、「弛緩性便秘」になる恐れがあります。

普通に一日に1~2杯飲むには問題がありませんが、毎日4~5杯大量に飲む人は注意が必要です。

タンニンが悪玉菌を増やしてしまう

コーヒーに含まれるタンニンは、便を固くして、悪玉菌を増やしてしまう働きがあります。
こちらも適度に飲む分には大丈夫ですが、一日のコーヒー摂取量が多い人は注意が必要です。

私の場合・・・コーヒーは便意をもよおす

ということで、コーヒーと便秘の関係性をまとめてみましたが、
私の場合どうかと言うと、

コーヒーを飲むと便意をもよおします!

今日はなんだか出そうだけど出ないな~という日は、ブラックコーヒーをマグカップ1杯飲みます。
すると、しばらくするとお腹がキュルキュル言い出して、便意がわいてくるのです!

なので、私は出そうで出ない時の便秘対策としてコーヒーを良く飲んでいました。
最近は腸内フローラが改善されてきたからか、コーヒーに頼ることは無くなりましたけどね。

ちなみに、快便体質で胃腸の弱い主人は、コーヒーを飲むと必ず下痢してしまいます(笑)
ほんとに人それぞれ違うんですね!

コーヒーにはリラックス効果も!

コーヒーには、ピラジンという身体をリラックスさせる効果もある成分が含まれていて、自律神経を整える事もできます。

それにより、ストレスなどによる、便秘や下痢に効果があるとも言われているのです。
確かに、コーヒーを飲むとホッとしますよね^^

便意をもよおすのはリラックスしている時の方が多いですから、
朝早めに起きて、ホットコーヒーを飲み、新聞でも読みながらリラックスして便意が来るのを待つっていうのが理想的なのかもしれません。

ちなみに、普通のコーヒーよりさらに便秘解消に向いているのがするっとカフェというコーヒーです。

妊活中、妊娠中、授乳中などカフェインを摂れない人で、便秘気味の人にはこういった商品も試してみてくださいね。



人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー