便秘がちのひとにおすすめのおやつは「ナッツ」!どれが効果的?

便秘の時どのような物を食べて対策をしていますか?

便秘改善で一番に思いつくのはヨーグルトではないでしょうか。

しかしヨーグルトって、賞味期限が短かったり、酸っぱくて苦手な人もいますよね。

食物繊維豊富な野菜類なども、十分摂取するにはかなり気を使わなければいけません。

忙しくて毎日は無理、、そんな多忙な人におすすめの、便秘改善に効果のある食べ物があるんです。

それが「ナッツ」です!

ナッツといえば美容やダイエットにも良いとも言われていますよね。

今回は便秘のためにどうしてナッツが効果的なのか、また、おすすめの食べ方などをご紹介していきます(*^^*)

便秘解消にナッツがおすすめの理由

ナッツが便秘に良い理由は、なんといっても食物繊維が豊富なことです。

食物繊維は野菜に含まれている物として有名ですが、実はナッツにもたくさん含まれているんです。

腸の働きが良くなれば、もちろん美容効果も期待できます。

というのも、便秘になると有害物質が体中を巡り、肌荒れや体臭などを生み出してしまいます。

なので、便秘が改善されれば、肌荒れや体臭を予防することができ、さらにはダイエット効果も期待できます。

特に、女性の人に摂り入れてほしい物ですね。

積極的に摂りたいナッツの種類

アーモンド

 

便秘 ナッツ アーモンド

アーモンドは世界各地で生産されているナッツの一種で、ナッツの中でも代表的な物です。

便秘改善には不可欠な、水溶性食物繊維不溶性食物繊維もバランスよく含まれています。

素焼きのアーモンドを始め、チョコでコーティングしたアーモンドチョコなども人気の商品ですね。

最近、海外のセレブの間で美容効果が高いことで注目され、一気にブームとなりました。

食べるタイミングとしては、夕食に食べるのがおすすめで、保存方法は、酸化を防ぐため、開封後必ず密封して保存してくださいね。

酸化がすすんでしまうと、効果が弱まるそうです。

クルミ

 

便秘 ナッツ クルミ

クルミと言えば、殻の硬さが特徴的です。

そのため、専用のクルミ割りの機械や金づちで殻を割らなければいけませんが、今は殻なしのものも多く出回っています。

素焼きはもちろん、グラノーラやベーグル、ブラウニーなどの他、サラダに入れても美味しいです。

多種類の栄養を含んでいる事でも有名で、便秘に良い栄養としてクルミには、不溶性食物繊維が多く含まれています。

不溶性の場合、便に水分を含ませ、便の量を増やし、排便を促す効果があります。

しかし注意しなければならないのは、痙攣性便秘の場合です。

痙攣性便秘とは、蠕動運動が活発過ぎることによって起こる物で、この場合クルミを食べると症状が悪化してしまうかもしれません。

もしも便秘解消にクルミを食べ、便秘が酷くなれば食べるのを止めてくださいね。

カシューナッツ

 

便秘 ナッツ カシューナッツ

カシューナッツは、インドやブラジルなどで生産されています。

鶏肉等と炒めて作るカシューナッツ炒めなどでも有名ですね。

食物繊維が豊富な上に、オレイン酸も豊富に含んでいるので便秘に最適だとされています。

他にも、貧血予防や生活習慣予防にも効果的ですよ!

ピーカンナッツ

 

便秘 ナッツ ピーカンナッツ

ピーカンナッツとは、ペカンナッツとも呼ばれ、最近人気の高いナッツの一つです。

特にアメリカでは、ピーカンパイというピーカンナッツを使った食べ物が有名で、ハロウィンやクリスマスなどの伝統行事によく食べられています。

特徴は脂質の多さで、バターの木とも呼ばれています。

しかし、低糖質なため糖質制限ダイエット等には向いています。

食物繊維は100gあたり7.1g程度、さらに潤滑油の働きをするオレイン酸も多く含んでいるので、スルッと快便が望めます。

ピーナッツ

 

便秘 ナッツ ピーナッツ

ピーナッツとは落花生の実の事で、バターなどで煎ったりして食べられています。

他にはピーナッツチョコやクッキーに入れられたり、味付けをしておつまみとしても食べられていますよね。

一番身近なナッツといっても過言ではないかもしれませんね。

こちらも便秘に効果的で、オレイン酸の他、不溶性食物繊維が豊富です。

他には血糖値の急上昇を防ぐ効果や、コレステロールなどの排出にも役立ち、ダイエットにも良いとされている食品です。

1日にどれくらい食べれば良いのか?

ナッツには脂質が多く含まれているので、適量を摂る事が大切です。

種類によって、アーモンドであれば、1日20粒~30粒程度、くるみは6粒~7粒程度、と目安摂取量が全く違うので注意しましょう!

食べすぎると太る可能性があるのでダイエット中は注意

どうして食べすぎは良くないのか、それはズバリ「カロリー」です。

ナッツには脂質が多く含まれています。

ですので、ナッツを過剰摂取してしまうと、もちろん太ってしまいます。

健康面からしても過剰摂取は良くありません。

また、便秘に良いからといって、食べ過ぎて逆に便秘や下痢を悪化させてしまうこともあります。

なぜなら、消化に時間がかかる食物繊維が下痢を引き起こしてしまうからです。

また保存方法を誤れば、酸化した脂質をとっているのと同じで、お腹の不調を招きます。

他には、肌荒れのトラブルを起こすこともあるので、ニキビなどが出来やすい人は特に気を付ける必要があるでしょう。

ナッツによる便秘解消法は人によっては合わない事もあるので、試してみて合わなければ中止して下さい!

またナッツはアレルギーにも注意が必要で、蕁麻疹などが見られたときは速やかに食べるのを止め、病院を受診するのをおすすめします。

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー