赤ちゃんの腸内フローラ、乱れてませんか?便秘がちの子は要注意!

乳酸菌フローラ赤ちゃん

同じ赤ちゃんでも、便秘がちの赤ちゃんや、下痢気味の赤ちゃんなど、
いろんな赤ちゃんがいますよね。
うちの一番下の子はいつも便は緩く、下痢気味のことが多いです。

そこで、赤ちゃんにも「善玉菌・悪玉菌のバランスが良い悪い」みたいなことがあるのかなぁと、ふと疑問に思いました。

最近ではこどもの便秘が増えていて、
小学生の32%に便秘の傾向があるんだそうです!

もしかしたら、赤ちゃんのころからの腸内フローラが、こどもの便秘に関係しているんじゃないかと思って、
赤ちゃんの腸内フローラについて調べてみました。

生まれつき、赤ちゃんにも腸内フローラはあるの?

おなかの中にいる胎児の時は、腸内はまったくの無菌なんだそうです!!

ズバリ、赤ちゃんは、出産中にお母さんの産道から、乳酸菌などの細菌を受け取ることで、腸内フローラを形成していきます.

生まれる時に受け取ったお母さんの腸内細菌が、そのまま腸内に移行して定着すると考えられているそうです。

じゃあ帝王切開の場合は赤ちゃんが産道を通らないのでどうなるんだろう?と思いましたが、
帝王切開でも入院中やその後の生活、また、母乳やミルクによっても、
赤ちゃんの腸内に、だんだんと乳酸菌やビフィズス菌が増えていくので心配ないそうです。

出産時期に大事な母親の腸内環境

赤ちゃんが初めて受け取る細菌は母親からで、腸内フローラの形成のもとになる!

となると、
通常の分娩の場合は特に、
出産時期の母親の腸内フローラ整えておく
ということが大事ですよね!

お母さんとそのこどもの腸内フローラは72%の確率で似ている
という研究結果もあるようです。

なので、出産前にしっかりお母さんが乳酸菌サプリで腸内フローラを整えておくと、
生まれてきた赤ちゃんの腸内フローラも整いやすくて、便秘になりにくくなるかもってことですね!

こどもが将来、便秘に苦しまないためにも、妊娠中の方はぜひ乳酸菌サプリを今のうちにしっかり摂取しておいてください。

乳幼児にも乳酸菌を飲ませたほうがいいの?

赤ちゃんは、良い状態で母親から腸内細菌を受け取ってたとしても、やっぱり生活環境や口にするものによって、
その後に善玉菌・悪玉菌のバランスが乱れてくることもあるようです。

おっぱいだけの時は良くても、離乳食が始まり、普通のご飯を食べるようになったら、
乳酸菌の摂取量が減ったり、腸内の善玉菌を増やす食事(野菜類)を食べてくれなかったり・・・

でも、最近では生後3ヶ月くらいから飲ませられる整腸剤や、こどもでもおいしく食べられる乳酸菌サプリもあるんです。
次男も超便秘気味でしたが、乳酸菌サプリを飲ませるようになってから、毎日便が出るようになりました(^^)

病院で下剤をもらったり浣腸する前に、まずは子供でも飲める乳酸菌サプリで、
小さいうちから腸内フローラを整えておくようにしてみてくださいね!

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー