腸内フローラを改善すればパニック障害も改善することが判明

パニック障害 腸内フローラ

腸内フローラという言葉が今テレビや雑誌でもブームとなっていますよね。

我々の腸内にはたくさんの菌が住んでおり、なんとその数100種類以上とされています。小腸から大腸にかけ腸内細菌は種類ごとにまとまっており、腸壁にびっしり生息しています。

その様子が種類ごとに並ぶお花畑のように見えることから、外国語でお花畑を意味する「フローラ」という言葉が使われているのです。

その腸内フローラを一定のバランスで保つことで様々なメリットがあると言われていて、腸内環境が整い、下痢や便秘などの症状が改善されたり、他にも様々なガンなどの深刻な病の予防につながります。

そして最近いわれているのが、パニック障害にも効果があるのではないかということです。

この二つの意外なつながりについて今回は紹介していきます。

パニック障害とは?

パニック障害とは思いがけないタイミングで動機や息切れ、強い不安感などを発症してしまうもので、これらが繰り返されると、毎日の生活にも支障が出てしまうことがあります。

ただの心配性なのでは?

と思われがちですが、パニック障害が起きる根本には、脳の働きが関係していることがわかっています。

100人に1人はかかってしまう病気で、放っておけばうつ病などに進行してしまうために、治療が大切だともいわれています。

患者の多くは女性ですが、誰がかかってもおかしくない病気のひとつです。

パニック障害の原因としては脳内の神経系の機能異常が挙げられています。

不安に関係するノルアドレナリンと興奮を抑えるセロトニンのバランスが崩れることで、通常時とは違った反応を脳が起こしてしまうのです。

パニック障害の治療の方法には、抗不安剤が用いられたり、抗うつ剤SSRIといったセロトニンに働きかける薬などが用いられます。

他には心理療法として認知行動療法や自律訓練法などが行われます。

パニック障害はこういった病気なのですが、ではそんなパニック障害と腸内フローラはどう関係しているのでしょうか?

パニック障害と腸内フローラの関係は?

先ほど興奮を抑えるセロトニンについてあげましたが、このセロトニンは、腸で生産されるとされています。

例えばパニック障害やうつ病でセロトニンが不足してしまった人でも、腸内フローラを改善してあげることで、症状が改善する可能性があるのだそうです!

実際パニック障害の患者さんには腸内フローラの乱れが見られる傾向があることも分かっています!

つまり腸を健康にすることがパニック障害やうつなどの病気の症状を改善するのに役立つというわけです。

パニック障害改善のために腸内フローラを整えるには

では、腸内フローラを整えるには、どのような生活習慣を送ればよいのでしょうか?

①乳酸菌の多い食事を積極的に摂る

パニック障害 腸内フローラ

腸内フローラを整えるには、まずは食事の見直しが肝心です。

おすすめなのは、乳酸菌たっぷりのヨーグルトを毎日食べることです。

ヨーグルトの他には、はちみつオリーブオイルもおすすめです。

またバナナもオリゴ糖が多く含まれているので、腸内の善玉菌を増やす手助けをしてくれます。
ヨーグルトにも合いますし、はちみつバナナヨーグルトなんかは最強ですね!

バナナはレンジで温めて食べると酵素の働きが活性化されるので、電子レンジでチンして食べたり、お菓子にして食べるのもよさそうですね!

また、普段の食事は和食をメインで食べると腸内フローラが改善しやすいです。

お味噌汁に納豆に、漬物に・・・と、和食には乳酸菌たっぷりのメニューが色々あります。

ぜひ、和食をメインに食べてみてくださいね。

和食を食べると腸内の乳酸菌・善玉菌が増え便秘解消につながる!
最近、和食以外の洋食、中華など多様の食事を摂るようになった日本人ですが、食生活の変化に腸内環境にも変化が起こっているようです。そこで日本食である「和食」につ...

 

②運動してセロトニンを増やす

運動をすると腸内フローラが改善されるというのは、研究でも明らかになっていることです。

この研究では定期的に運動している人もほうが、腸内菌の種類が多かったといいます。

中でも効果的な運動に挙げられているのが、ウォーキングです!

誰でも簡単に始められる有酸素運動のひとつで、血流の促進に効果を発揮するので、運動不足の人が始めるにはもってこいでしょう。

またウォーキングなどの運動はパニック障害改善のカギとなるセロトニンの分泌につながります。

うつ病などの人にもウォーキングは良いとされているのも、セロトニンが分泌されるからなのです!

もし、外に出てウォーキングするのが難しい場合は家の中で踏み台昇降運動をしたり、ストレッチをするだけでも違います。

身体をしっかり動かしてみてくださいね。

③乳酸菌サプリを摂取する

ただ、食事の改善だけで、必要な乳酸菌を摂取するのには限界があります。

健康維持が目的ならそれでも大丈夫ですが、パニック障害の改善を目的とするならば、食事だけで補うにはやっぱり十分足りません。

そこでおすすめなのが乳酸菌サプリです。

サプリはヨーグルトと違って買いだめをしておくこともできますし、水と一緒に飲むだけなので、毎日忙しい人には便利でありがたいですね。

私も目的は違いますが、便秘解消目的で乳酸菌サプリを色々飲んできましたが、
一番効果を感じられたのが「乳酸菌革命」でした。

乳酸菌革命口コミ

16種類の話題の乳酸菌がバランスよく配合されていて、腸までしっかり届くように耐酸性カプセルを使用したり、乳酸菌も有胞子乳酸菌という腸まで届きやすい形で配合されているので、日に日に便通が良くなってくるのを実感しました。

どの乳酸菌サプリがいいかわからない・・と悩んでいる人にはおすすめです。

 

今現在はパニック障害の治療に、本格的に腸内フローラの改善が取り入れられているわけではありません。

しかし腸内環境を整えるということは、パニック障害改善だけでなく、健康、ダイエット、うつ症状改善にも重要なことなので、乳酸菌食品や乳酸菌サプリを積極的に摂るようにしてみてくださいね。

 

 

腸内フローラ改善はじつは「うつ」を改善する効果もあった!
腸内フローラの改善は「便秘解消」や「アレルギーを抑える」効果があることはこのブログでも書いてきましたが、実は、うつ改善効果もあるのを知っていますか?実は私も...

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー