抗生物質で腸内フローラが乱れてしまう?腸内細菌が死ぬ恐れも

腸内フローラ抗生物質

風邪などの病気の時やケガで病院に行くと、抗生物質を処方されることがありますよね。
でも、抗生物質を飲むと副作用で便秘や下痢になってしまうことがあります。

同じ経験をされた方、多いんじゃないでしょうか。

では、どうして抗生物質を飲むと便秘や下痢になってしまうのでしょう?
今回は、抗生物質はどういう薬なのか、腸内環境にどんな影響を及ぼす薬なのか見ていきたいと思います。

処方箋がいる抗生物質

抗生物質は、基本的に医師からの処方がないと出してもらえません。

抗生物質は、「みずぼうそう」や「おたふく風邪」などのウィルス感染症にはまったく無効でだし、
風邪でも、細菌には多くの種類があり、抗生物質の種類もそれにより変えないといけないそうです。

私自身、抗生物質はとても身近な薬だと思っていましたが、
こんなふうに症状・症例によって使い分けしなければいけない薬だということを初めて知りました!

また、「殺さなくてもいい細菌まで殺してしまう」ということがあり免疫力の低下を引き起こしたりするので、
ある意味「危険なお薬」でもあるのかもしれません。

知り合いの薬剤師さんによると、ドラッグストアでは抗生物質の内服は売ってないとのこと。
「軟膏」は、もしかしたら置いてあるかもしれないけど、
それもお店の薬剤師さんによく聞いて慎重に買ったほうがいい、と教えてくれました。

抗生物質は腸内細菌も殺してしまう!?

抗生物質を飲むことで、病気の原因になっている細菌を死滅させ、症状が良くなっていきますが、
やはり大きな副作用で、腸内に住んでいるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌も殺してしまう可能性があります。

善玉菌の少なくなった腸内では、悪玉菌が優勢になり腸内フローラのバランスも乱れ、結果、便秘や下痢になってしまいます。

治療を優先させるために医師に言われた期間、抗生物質を飲み続けることはとても大切です。
しかし、せっかく良好に保てている腸内細菌が死んでしまうなんて、とっても残念ですよね!

やはり、日頃から食事や乳酸菌サプリで腸内フローラの善玉菌を優勢にしておくことが大事なんだと感じます!

抗生物質による副作用の出にくい体づくり

善玉菌の減少を防ぐために、抗生物質と合わせて整腸剤が処方されることも多いですよね。
乳酸菌を同時に摂取することで、便秘や下痢などの副作用を出にくくするためです。

また、乳酸菌サプリなどで、もともと腸内フローラのバランスをしっかり整えている人は、
抗生物質で細菌に影響があっても、便秘や下痢になりにくいようです。

このことからも、抗生物質を飲む前からも、乳酸菌をしっかり摂っておくと腸内フローラの回復も早いのがわかりますね!!

特に、腸内フローラのバランスを崩しやすい乳幼児や高齢者、便秘や下痢になりやすい人は、
食事のほかにも乳酸菌サプリを追加摂取をして、普段から副作用の出にくい体づくりをしておくことをおすすめします!!

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー