快便で太らない体質へ!太りやすい人と太りにくい人の違いは腸内細菌だった!

快便太らない体質

たくさん食べているのに太らない人がうらやましいっ!

有名なのはギャル曽根さん。
あれだけ多く食べているのに、まったく太らないですよね(*’▽’)

私のママ友にも、食べることが大好きでランチもガッツリ、デザートもしっかり食べているのに、
ほっそり痩せている人がいます。

私はどちらかというと太りやすい方なので、うらやましいなぁ~と思う限りなのですが、
太りにくい人と太りやすい人の違いはいったい何なのでしょう?

快便体質の人は食べても太りにくい

いくら食べても太りにくい人に共通すること、それはズバリお通じが良いということ。

おもしろい実験を見つけたのでご紹介します。

「太りやすい人」と「太りにくい人」に同じ環境で同じ食事、特別な運動はせず、体重にどのくらいの差が出るのかという実験が行われました。

もともとBMI(体格指数)の数値がほとんど同じ2人ですが、3日間の実験で、
「太りやすい人」はプラス900g、「太りにくい人」はマイナス100g、その差は約1キロもあったそうです!

ただ2人には、「お通じ」に違いがあったそうです。
「太りにくい人」は便秘をしたことがなく、「太りやすい人」は長年の便秘症だそうです。

便秘の人は太りやすい体になる問題が腸にあるということが分かりますよね!

食べても太らないようにするためには、腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを整えて、便秘になりにくい体を作ることが重要なんですね!!
腸内の善玉菌の割合をしっかり増やしていくことで、太りにくい体質になることができるんです。

腸内フローラのバランスが崩れているサイン

便秘のほかにも、腸内細菌のバランスが崩れているとおこってくる症状があります。

  • 便がいつもより臭くなってくる(悪玉菌が増えている)
  • 風邪をひきやすくなったり疲れがとれにくい
  • 吹き出物など肌荒れがひどくなる

 

進行すると肌荒れが体にも出てきたり、さらにひどくなると大腸がんの原因にもなりかねません。

このようなサインを感じたら、乳酸菌を意識して摂るなど、早めの対策をしたほうがよさそうですね!

腸内フローラを改善して太りにくい体質にするには?

もともと、日本人の腸には「やせ型腸内細菌」が多いといわれています。
確かにアメリカ人と比べると、痩せている人が圧倒的に多いですよね。

日本人は、昔ながらの食物繊維を多く摂る食生活があり、ビフィズス菌、バクテロイデスなどの「やせ型腸内細菌」の割合が多いからだそうです。

ビフィズス菌、バクテロイデスなどの痩せ型腸内細菌は、「短鎖脂肪酸」というものを作り脂肪細胞が栄養を取り込むのを防いでくれる働きをします!

この「やせ型腸内細菌」をより活発にするには、腸内細菌を増やして腸内フローラのバランスを良くすることが重要です。
腸内細菌を増やすために、エサとなる食物繊維やオリゴ糖と一緒に、ビフィズス菌が多く含まれた「乳酸菌サプリ」も合わせて摂ると効果的です。

「乳酸菌サプリ」は手軽にたくさんの種類と量のビフィズス菌が取れるのでおすすめです。
バランスの良い食事を中心に、適度な運動や乳酸菌サプリなどもを取り入れ、便秘を防いで太りにくい体を目指しましょう☆

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー