便秘薬で下痢と腹痛が…もしかして飲みすぎていませんか?

便秘がどうしても改善しないときってありますよね?

ヨーグルトを食べるなど誰でも知っているような方法は効果がある人もいれば、ない人もいるのです。

そこで便秘を自力で治せなくなった場合に頼りにしたいのが便秘薬です。

しかし便秘薬は効果が高い反面、デメリットも多いのを知っていますか?

そのひとつが、飲み過ぎによる下痢や腹痛です。

おなかのトラブルを解決してくれる物のはずが、どうして新たなトラブルを招いてしまうのでしょうか?

今回は便秘薬について、詳しく紹介していきたいと思います!

便秘薬の種類は?

便秘薬 飲む

便秘薬はまず大きくふたつの種類に分けることができます。

①刺激性下剤

一つ目が腸の動きを活性化させることを目的とした刺激性下剤です。

刺激性下剤はさらに成分によって分かれます。

まず市販薬の中では一般的で、腸粘膜を刺激することで、排便に必要な蠕動運動を促進する働きのある大腸刺激下剤です。

コーラックやスルーラックなどのようなセンナ、漢方の大黄などを主成分としたアントラキノン系、ビオフェルミンなどの化学合成でつくられたジフェニルメタン系などがあります。

ジフェニルメタン系はアントラキノン系よりも腹痛が起きにくいとされています。

次に小腸刺激下剤です。

小腸に刺激を与え排便を促すことを目的としており、副作用が少ないのが特徴です。

ヒマシ油などがそれにあたります。

②機能性下剤

そして二つ目が、便や腸に水分を与えて排出をしやすくすることを目的とした機械性下剤です。

機械性下剤もさらに成分で細かく分けることが出来ます。

まず水分で便を柔らかくして、排便を促す膨張性下剤です。

ウィズワンやサトラックスなどがあり、副作用が少ないですが、即効性は他の便秘薬に劣るとされています。

処方薬ではパルコーゼがこの仲間です。

次に塩類下剤です。

浸透圧の高い酸化マグネシウムが成分に含まれており、大腸内の水分量を増やし、便を柔らかくし、蠕動運動を促進する働きがあります。

次に糖類下剤です。

このタイプはマルツエキスなどが当てはまります。

処方薬ではモニラックなどがそうです。

塩類下剤と同じように浸透圧を利用したもので便を柔らかくし、さらに増大させます。

糖類の場合さらに腸内で乳酸などを作ります。

そうすることで腸内は酸性になり悪玉菌がすみにくくなります。

最後に浸潤性下剤です。

界面活性作用で便に水分を浸透させやすくします。

硬い便が原因で便秘を繰り返している人には効果的かもしれません。

市販薬ではコーラックⅡやスルーラックプラス、処方薬ではビーマスSが挙げられます。

ここまで難しい説明をしてきましたが、簡単に言えば蠕動運動不足には刺激性、便の水分不足には機能性の便秘薬が効果的であるというわけです。

腹痛や下痢が起こりやすい便秘薬の種類は?

先程挙げた便秘薬の種類でいうと、機能性より刺激性の便秘薬のほうが下痢や腹痛を引き起こしやすいといわれています。

というのも、刺激性下剤に含まれる成分は刺激が強くお腹に影響を与えやすいからです。

では機能性の便秘薬はどうでしょう?

こちらも油断は禁物です!

機能性便秘薬は便の水分を増やして排便を促すもの。

つまり飲みすぎるとその分、便がゆるくなり下痢や腹痛を起こすのです!

他には、体質的にあわない便秘薬であった可能性もあります。

一度腹痛や下痢になった場合は、医師に相談し、その便秘薬は使用しないようにしましょう!

さらに便秘の種類のなかでも痙攣性便秘は、とくに腸が過敏になり、下痢や腹痛などのような副作用が起きやすいとも言われています。

便秘薬による下痢や腹痛を防ぐ方法は?

下痢、腹痛などのほかにも便秘薬には脱水症状や吐き気が副作用として挙げられています。

このような症状に悩まされないためにも便秘薬を使用する際には、いくつか守ってほしいことがあります!

①使用法や服用量を守ること

まず市販の便秘薬を使用する場合は必ず説明書に目を通すこと!

便秘薬によって服用量なども異なるので要注意です。
たくさん飲めば間違いないでしょ?とおもって飲みすぎると下痢などを引き起こす原因となります。

一日の服用量を必ず守りましょう!

②乳酸菌サプリを併用する

便秘薬 サプリメント

腸への負担が大きい便秘薬。

さらに便秘で弱った腸内環境を整えるために、乳酸菌サプリを併用するのもよいかもしれません。

すぐに効くものではないですが、少しは負担を和らげることができるかと思います。

③漢方薬と便秘薬を使い分けて

便秘薬 漢方

漢方薬の中では、センナ茶などに便秘薬と同じような成分が含まれています。

しかし成分の量がすくないので刺激を受けにくく、下痢や腹痛が起きにくいのです!

漢方薬は、飲み続けることで体質改善になります!

つまり一時しのぎの便秘薬より、漢方薬を積極的に取り入れたほうが将来的にも良いというわけです。

ですから、基本的には漢方薬で便秘を解消し、どうしてもつらい時に便秘薬を服用するというふうにすると、つらい副作用に悩まされることが少なくなるというわけです。

自分に合った量、種類を使い分けて、便秘薬とうまく付き合っていきたいですね!

人気記事

コメントは受け付けていません。

乳酸菌サプリレビュー